第4回常任幹事会開催

去る11月24日、民進党県連会議室において第4回常任幹事会が開催された。

まず、玄葉光一郎県連代表から挨拶をいただいた。
「先月行われた衆議院議員総選挙におきましては、ここに出席の皆様には全力でご支援をいただきましたことに心から御礼申し上げます。しかし、自分が思うような結果を出せなかったことについて、皆様にお詫び申し上げます。政治は結果なので、小選挙区で勝てたのは5つの小選挙区のうち2つだけというのは、敗退というしかない。これは代表者である私の責任であり、希望の党との公認調整の役割を担ったという経緯もある。私が無所属で1人会派として活動していることもあり、県連の責任者という立場は退くのが適切と考えたのでよろしくお願いしたい。
なお、2年後の県議会議員選挙は当然のこと、ここにいる皆さんを全力で支援してまいります。こういう状況ではあるが、国政においても政権にチャレンジしていく状況を作って行くことを考えており、民進党福島県連の県議団が一丸となって、福島県政において中核の勢力としてさらに大きくなることを期待して挨拶とする。」と話した。
続いて、金子恵美代表代行に挨拶をいただいた。
「私は、この1区で議席をいただき、国会においては無所属の会に所属して活動しています。民進党において政調会長代理の役を頂き、我々の政策について議論させていただいています。
政調会では、復興や内閣担当の第4部会に所属し部会長をしており、党籍を持ちながら活動している無所属の方にも議論していく環境を作って行くところです。
民進党県連の皆様からもいろんなご意見をいただきながら、現段階での民進党の政策をしっかり作って行くことと、この特別国会の中でも法案審議もしっかりやっていかなければならないので、皆様方の意見をしっかり反映させる形で議論をさせていただきたいと思う。今後の課題は多々あるが、心を一つにして前進していければと願ってやみません。」と話した。

今後の県連運営についての議題では、亀岡義尚幹事長から玄葉代表役員辞任の説明があり、玄葉代表から今回の衆議院選に関する説明の後、意見の交換があって辞任が承認されました。
また、後任の代表については、党本部の大きな方向性の結論が出るまで選出を先延ばしし、金子恵美代表代行は、代表不在のなかの代表代行として県連運営をしていくことが決定されました。

民進党
福島県総支部連合会
〒960-8041
福島県福島市大町7-25
アクティ大町5-4[地図]
電話:024-529-6600
FAX:024-529-6649